ワイナリー情報で見るべきポイント

ワインを選ぶ時、その1本1本のワインのラベルを見て、生産地はどこか、いつ造られたものなのか、品種は何かなどで選ぶことは多いと思いますが、ワイナリーがどこなのか意識することも多いですよね。
そのワイナリーがどういうワイナリーなのか知ると、ますますワイン選びが楽しくなります。
では、ワイナリー情報でどのようなポイントに注目してみればよいのでしょうか?

ワイナリーを中心に考えるワインの選び方
昔からよく知られているワイナリーや、数々の賞を受賞しているワイナリーなど、知名度や評価の高いワイナリーのものなら、失敗も少なく安心して楽しめます。しかし、ワインについて知っていく程に、もっと色々なワイナリーのものを試してみたくなります。
ブドウにこだわって自社栽培しているところ、無添加にこだわって造っているところ、使用しているタンクはステンレスか木樽か、酵母は野生酵母か添加しているか、圧搾方法はフリーランかプレスかなど。挙げればきりがありませんが、どの造り方が良くてどれが悪いかと言うことはありません。
自分が飲んでみたいワインを造っているワイナリーをどう探すかがポイントです。

例えば、スタンダードに爽やかな香りのフレッシュな白ワインが飲みたいのであれば、ステンレスタンクを使用しているワイナリーのものが良いでしょう。トロピカルフルーツにわずかにナッツの香りがするような、複雑なアロマのコクのある白ワインが飲みたいのであれば、木樽を使用しているところを選んだ方が良さそうです。

テロワールをより忠実に表現しているワインを楽しみたいなら、自然農法を実行しているワイナリーのものがおすすめです。同じ品種のブドウを原料としていても、生産地や年によって味わいが大きく異なります。その差を飲み比べたいのであれば、自然農法で育ったブドウを使っているものが良いでしょう。

ワイナリー自体に注目するのも面白い発見がありそうです。例えば女性オーナーまたは女性醸造家のワイナリーを選んでみるのはどうでしょうか。日本酒の杜氏にしかり、ワインの世界でも女性の醸造家はまだまだ少ないようですが、だからこそ女性ならではの繊細さ、柔らかさ、芯の強さが表れたワインは新鮮です。
一つの品種のみで造っているワイナリーも注目です。前述の通り土壌や天候によって出来が大きく左右されるブドウを、一つの品種のみしか作らないと言うのは非常にリスキーです。それを敢えて行うというのは強いこだわりがあってこそ。そのようなワイナリーが送り出すワインの味わいの深さは格別です。

自分でテーマを決めて、ワイナリーで飲み比べをしてみるのも愉しいですね。


日本ワインの通販なら酒蔵.com