赤ワインに合う料理のバリエーション。こんなお料理にはこんな赤ワインがおすすめ

赤ワインに合う料理といえばまず肉料理が思い浮かぶと思います。
赤ワインはもともと白ワインと違って、ぶとうの果肉ごと使われて作られているので白ワインに比べて渋みが多く、深みのある濃い味わいになります。
ボジョレーヌーボーのようにその年取れたてのものは深みがまだ少ないと思いますが、それでも白ワインに比べると濃いめではあります。

料理ごとに合う赤ワインをご紹介します

牛肉や豚肉、鶏肉などメジャーなお肉は、大抵肉の味そのものが魚に比べて深い味わいがあり、調理方法もビーフシチューやビーフストロガノフのようにこってりしたものが多く、部位にもよりますが脂肪分もあるので赤ワインのように存在感のあるインパクトの強いワインがでないと、せっかくの料理も引き立ちません。
また、肉料理を作る際にも赤ワインを使うことでアルコールが追加されるため、肉が柔らかくなったり、また赤い色がでるので色見がキレイで見た目もよくなります。

特に赤ワインに合うお料理と言ってお勧めなのがビーフシチューとローストビーフです。
ビーフシチューはその料理の中にも赤ワインを入れて作りますが、こってりと柔らかくなって旨みが凝縮した牛肉と渋みのある赤ワインはどちらも負けず、ついついスプーンが進んでしまう程相性がいいです。

ローストビーフやステーキのように肉本来の味を塩、コショウ等のスパイスだけで味わう場合は古ボディのスパイシー系の赤ワインがお肉に負けず劣らず両方の良さが味わえるのでおすすめです。

豚肉を使った料理なら豚の生姜焼きやとんかつ、豚の角煮といった和食にはあっさりめの赤ワインが合いますし、生ハムでしたら少々渋めの赤ワインでもおいしくいただけます。

鶏肉料理なら、ずばり鶏の赤ワイン煮込み。鴨肉でもおいしいです。その他、たれのしっかりついた焼き鳥やローストチキン、北京ダックもちょっと甘めの赤ワインに合います。

魚料理でも全く合わないというのではありません。マグロのような赤身の魚のお刺身や、ブリの照り焼き等脂ののった料理には渋みの少な目のドライな赤ワインがお勧めです。

赤ワインにあう野菜料理も紹介します。
トマトベースで野菜をたっぷり煮込んだラタトゥユや野沢菜のわさび漬け、ロールキャベツのトマト煮込み、トマト鍋等赤ワインと同じ赤い料理が多いですが、味付けがしっかりしているのでワインも料理もおいしくいただけます。シーザーサラダもお勧めです。

フルーティな赤ワインはチーズとの相性もいいのでコクの豊かなゴーダチーズやさわやかな酸味が人気のチェダーチーズがおすすめです。チーズを使った料理でトマトソース系のピザやカプレーゼも相性がいいのでお勧めです。


ワイントップ